神前式にかかる費用

神前式を行う場合、「初穂料」と言う挙式料がかかります。
「初穂」とは稲穂、つまりお米が沢山収穫できたことに感謝するお供え物が由来となっています。
初穂料の相場は5万円~15万円と言われていますが、神社によっても違いますし、ホテルなど、神社以外で行う場合にはもう少し高い傾向がありますね。
初穂料はあくまでお米の収穫を感謝し、神社に納めるお金なので、そこに衣装代やカメラマン代は含まれていません。
白無垢など、衣装をレンタルする場合は新婦が約15万円~30万円、新郎は5万円~10万円だと言われています。
また、カツラをレンタルする場合はさらに費用が必要になります。カツラと、かんざしなどの小物を入れると相場は10万円~15万円ほどになるそうです。カツラが結構な値段になるので、事前に確認しておく必要がありますね。
カメラマン代は5万円~20万円。少しお高めですが、神殿にカメラを向けてはいけない、など神前式ならではのルールもあるので、
ここはプロのカメラマンに任せておく方が安心です。
また、神前式の厳かな雰囲気を一層際立たせてくれるのが雅楽による生演奏。
この生演奏は3万円~5万円が相場です。
神社で神前式をする場合はそれぞれに費用が発生しますが、ホテルなど神社以外なら全ての料金が込み込みのパック料金が設定されている場合もあるので、少しだけお得になるかもしれません。
神前式には沢山の専門用語が使われるので、何にどれだけ費用がかかるのかがわかりにくいですが、
事前に確認しておくことで「こんなところにも費用がかかるなんて!」とならずに済みますよ。